プログラマからの転職で考えること

プログラマになった人の中には若い頃から趣味としてプログラミングに触れてきて、いくつかのソフトウェアを自前で開発してきた経験を積んでいる人も大勢います。そういったソフトウェア開発の楽しさや、それを通して人に役立っていることから受ける充実感を胸にIT業界に参入してみると、アマチュアとしてソフトウェア開発に携わっていたときとは状況が異なり、求めていたものと違うと感じることがあります。

そういうときにはプログラマは転職を考えることになります。その際には何を求めて転職するのかということをよく考えることが大切です。プログラミングができる環境に既にいるのに不満であるのは、もしかするとプログラミングが好きであったのではないのかもしれません。ソフトウェア開発というものづくりであったりデザインが好きであったとすれば、それを求められる別の職種を目指した方が仕事を楽しめるようになることは間違いありません。

あるいは作ったものによって社会貢献できていたことに喜びを感じていたのであれば、公務員を選べばそれができる代表的な仕事となるでしょう。そういった気概であれば仕事の内容をそれほど選ばないかもしれませんが、公務員でもインフラを支えるエンジニアのニーズがあり、これまで学んできた技術を生かして仕事をしていくことも可能です。公務員の仕事の幅はひろいことから職種自体を変えてしまうことも可能であり、転職の目的にそって選ぶことが大切になるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です