刺激を求めてプログラマに転職

脱公務員という言葉がしばしば囁かれます。公務員として仕事をしているとあまり大きな変化がなく、形式張った手続きが多くてストレスが溜まってしまうという人が少なからずおり、そういった人たちが刺激的な職場や効率化を求める現場を求めて転職をするという流れを示しています。そういった人たちが目指す職場は時代の最先端を行く競争の激しい分野とすることが多く、IT業界がその筆頭としてあげられます。

プログラマやエンジニアなど、知識と技術の両面から大幅なスキルアップを行わなければ転職は難しいものの、現場では世界に先駆けて新しいシステムを開発すべく日々激しい開発競争が進められています。それを目指して転職活動を行う人が大勢いるのです。

そういった際に、未経験であったとしても「プログラマ」という道は比較的勉強がしやすいという特性があります。情報処理関係の資格試験もあれば、各プログラミング言語についても認定試験があるため、それらに合格することを目標として勉強をすることによりスキルアップをしていくことが可能だからです。しかし、実際に未経験者がIT企業の最前線で活躍できる能力を身につけるには相当の努力が必要であると共に、体力的な問題も生じてしまうでしょう。アプリ開発やゲーム開発などの需要が高く、市場獲得の競争が激しい現場もあり、転職する選択肢を大幅に広げるものです。

脱公務員の道としてプログラミングを学び、プログラマとして活躍を目指そうとすると、これまでの枠内で働いてきた職種とは対照的で刺激的な生活を送ることができるでしょう。
未経験がチャレンジできやすいといわれる、このIT業界。まずは未経験からでも挑戦できそうな求人情報を見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です